バス運行管理システムについて

バス運行管理システムとは、GPSを利用し送迎バスの運行状況を確認できるシステムです。

運行管理システムは保護者と保育園・幼稚園の双方にとって大きなメリットのあるシステムです。

保護者側は、送迎バスがどの辺りを走っているのかがリアルタイムでわかり、到着間近にはそれを知らせるメールが届きます。
よって、到着時間がわからずにバス停でバスを待ちぼうけするような時間の無駄を省きます。
また、バスの到着時間がわかる事で、保護者の心の安心や余裕が生まれていきます。

幼稚園・保育園側はバスの運行状況を確認し遅延情報なども伝えることができます。
また、時刻表や送迎コースの作成・修正も簡単に出来ます。
休みの園児がいる場合、その園児が登降車するバス停を省いた送迎コースの作成も簡単です。
昔のように地図を広げて赤いマーカーで路線を作成する手間が解消されます。

バス運行管理システムの一番の大きな利点は、施設側のバス運行に関わる業務効率化を進めながら、
同時に保護者へ大きな安心感を提供できる点です。

お仕事をされている保護者にとって、バスの到着時間がわかる事は、あわただしい1日における時間の有効活用にも繋がっていきます。
逆に、バスの到着がわからない事は「いつ来るのか?大丈夫なのか?」といった不安にも繋がっていくものです。

バス運行管理システムは双方にメリットをもたらし、他施設との差別化も図れるシステムです。
【無料】サービスを一覧比較&お問い合わせ

幼稚園・保育園システムナビ掲載会社一覧

  • 株式会社 APProg
  • 株式会社フロンティア
  • 株式会社ビズウインド
  • 株式会社ハッピースマイル
  • 日興テクノス株式会社
  • 株式会社うるる
  • 株式会社イートン
  • 保育ICT株式会社